kuruma-satei11-08

ディーラーだけに発生する査定料と下取り諸費用とは?

ディーラーに下取りにだすときには、新車の見積りの中に下取り金額が書かれてしまうために、本当の査定額が分かりにくくなってしまいます。

買取専門店の場合には、基本的に査定額がそのまま買取り価格となることが多く、余計な費用は請求されることはありません。

それに対して、ディーラーでは査定料とか下取り諸費用などというものが、見積りの中の項目としてさりげなく登場します。

査定料というのは、文字通り下取り車を査定してもらうための手間賃ということになります。

査定料はディーラーによって異なりますが、5000円~10000円といったところが相場です。

しかし、買取専門店の場合には、査定は無料であるのが当たり前ですから、人によってはこの「査定料」というものに違和感を覚えるかもしれません。

厳密にいえば、査定をする人の人件費が発生しているわけですから、無料というのはおかしな話なのですが、あくまでも査定そのものはサービスで行って、クルマを売ってもらったときに発生する利益の中から査定のための人件費を捻出するというスタンスなのでしょう。

もうひとつの下取り車諸費用というのは、下取りした車の名義を変更するための経費ということになります。

本来であれば、名義変更の手続きは車を買い取ったほうがやるべきことなので、その費用を売る側に負担させるということはおかしな話なのですが、古くからの業界の習わしでそのようになっているようです。

この下取り車諸費用の相場もディーラーによって異なりますが、5000円~15000円程度が一般的です。

査定料と下取り車諸経費を合わせると、最大で25000円程度の費用をディーラーに支払う必要が出てくるわけです。

そのことをしっかりと頭に入れておかないと、車を高く売ったつもりが実は安かったということになりかねません。

たとえば、ある買取店で10万円の買取価格を提示された車があるとします。

もしこの店で売却をすれば、ディーラーのように余分な費用がかかりませんので、10万円がそのまま売った人に支払われることになります。

ところが、同じ車をディーラーに持ち込んだところ11万円の下取り価格を提示されたとしたら、てっきりディーラーに下取りに出したほうがお得だと判断してしまう人もいることでしょう。

しかし、この11万円から査定料と下取り車諸経費の2万5000円を差し引いた結果、手取りは8万5000円になってしまうわけです。

しかも、査定料と下取り車諸経費は新車の見積書の中にさりげなく入れられているので、自分の車の下取り額が実質8万5000円になってしまったことに気がつかない人も多いと思います。

ディーラーに下取りに出すときは、これらの諸経費を考慮した上で買取店と比較するようにしましょう。