kuruma-hekomi-11-06

車の査定を受ける前にボディの傷や凹みは修理すべきか?

車の査定額は、車種や年式、走行距離などである程度の評価が決まります。

しかし、中古車の状態というのは1台1台すべて異なります

そのため、同一車種で年式や走行距離がほぼ同じであっても、車の状態によって査定額がプラスになったりマイナスになったりするわけです。

たとえ年式の新しい車であったとしても、ボディに傷があったり凹んでいたりすれば、当然ながら査定額は下がってしまうことになります。

査定額が下がるということが分かっているのであれば、事前に傷や凹みを修理してから査定にだした方が良いのではないかと思ってしまう方も多いことでしょう。

しかし、それはやってもあまり意味のないことなのです。

つまり、ボディに多少の傷や凹みがあっても査定前に修理や補修はする必要がないということです。

場合によっては、修理をしたことによって逆に損をしてしまうこともあるのです。

確かに、目立つ傷や凹みを補修したあとに査定を受けた方が、評価がマイナスされるのを防ぐことはできます。

しかし、一般的には修理代にかけた費用以上に査定額が上がるということはないと考えていいでしょう。

つまり、10万円かけて修理をしたとしても、査定額が10万円以上アップすることはないのです。

なぜなら、中古車の買取り業者は自社で修理工場を持っていたり、安く修理をしてくれる提携先の工場などがあるからです。

そういったところで修理をすれば、私たちが個人的に修理を依頼する場合にくらべてはるかに安い費用で済んでしまうわけです。

もし、自分でやるとすれば、プロに依頼しなければなおせないような大きなキズや凹みではなく、ごく小さなスリキズに限定されます。

細かいスリキズ程度ならば、コンパウンドで磨けばある程度は消えます

こういった場合であれば、あくまでも自分の手間だけでなんとかなりますから、外部に費用が発生するわけではありません。

細かいスリキズが消えた分、多少は査定でプラスになることは可能でしょう。

いずれにしましても、査定を受けるにあたってボディについた傷に関しては、あまり神経質になる必要はないといえます。

そういった細かい部分を気にするよりも、一括査定サイトなどを利用して、少しでも高く買取りをしてくれる業者を見つける方がお得になることが多いようです。