happy family enjoying road trip and summer vacation

車の買取り価格を決める最大要因の1つは人気車種かどうか

中古車の買取り価格の決定要因は、年式や走行距離などの車の状態がどうであるかという点も大切ですが、それ以上に人気車種であるかどうかという点が非常に重要となります。

人気が高く、つねにニーズのある車であれば、買取り店としても確実に売りさばくことができますので、高い金額で買取りをしてもそれほどリスクがないことになります。

逆に、不人気車種をうっかり高い値段で買い取ってしまうと、そのままずっと買い手があらわれないまま車の価値がどんどん下がっていってしまう可能性があるわけです。

買取り業者もビジネスとしてやっていますから、不良在庫になる可能性のある車種を高い値段で買い取るわけにはいかないわけです。

それでは、中古車市場でどういった車が人気車種となっているのでしょうか?

まず安定したニーズの高さを見せているのはハイブリッド車です。

とりわけトヨタのプリウスは新車市場だけでなく中古車市場においても高いニーズがある人気車種となっています。

トヨタという世界有数のブランドと、燃費の良さがプリウスの人気の要因になっていると思われます。

また、意外なところでは軽自動車が人気の車種の上位につねにランキングされています。

 ワゴンR(スズキ)、ムーヴ(ダイハツ)などがその代表格といえるのですが、 燃費の良さや普通車にくらべて維持費がかからないという点が軽自動車人気につながっているのだと思います。

また、最近ではセカンドカーとしての利用だけでなく、1台目であってもあえて軽自動車を選ぶというケースも増えているようです。

ファミリー向けのミニバンも中古車市場ではやはり根強い人気があります。

 ヴォクシー(トヨタ)、ステップワゴン(ホンダ)、セレナ(日産) といった車種であれば、よほど状態の悪い車でなければ、かなりの査定額が期待できるといっていいでしょう。

このように、中古車というのは同じ年式や走行距離であっても、その車種が人気車種かそうでないかで、買取り金額が大きく変わってきます。

もし将来的にリセールバリューを考えるのであれば、新車を買う時点で人気車種を選択しておいた方が賢いといえるでしょう。