kuruma-keijidousha-11-12

コンパクトカーの方がお得なのになぜか軽自動車が売れる日本

軽自動車というのは、日本でしか売られていません

排気量やボディのサイズを規制したうえで、普通車とくらべて税金などが安くなるというメリットがあるのが軽自動車です。

海外では、そもそも日本の軽自動車の規格が税制に影響することはありませんので、輸出をしてもたぶん売れないでしょう。

しかし、日本では軽自動車が飛ぶように売れているのが現実で、道路を走っている乗用車の3台に1台は軽自動車だといわれています。

軽自動車には、確かに普通車とくらべて税金が安くなることは間違いないのですが、それ以外にはこれといったメリットは特にありません。

車両価格なども、コンパクトカーとくらべて決して安いとはいいがたいものす。

一番グレードの高い軽自動車ですと、乗り出し価格は軽く200万円を超えてしまいます

一昔前であれば、軽自動車というのは100万円前後で買えるという車両価格の安さも大きな魅力でした。

しかし、乗り出し価格が200万円を超える軽自動車が登場するようになると、経済的なメリットの他に魅力が軽自動車にあると考える以外にありません。

軽自動車は燃費がいいといわれていますが、最近のコンパクトカーの燃費もかなりよくなってきており、軽自動車とくらべても遜色はありません

また、税金に関するメリットも思ったほどではなく、たとえば日産のマーチの場合とくらべてみても、4年間でわずか11万円くらいの差にしかなりません。

1年あたりにすると3万円弱ということになります

ちなみに、日産マーチの1.2Lの最上級グレードであるNISMOでさえも、車両本体価格は160万円を切ります。

乗り出し価格でくらべても、200万円を超える軽自動車の上級グレードよりもマーチの方が安くなります

普通に考えれば、値段が高くてエンジンもボディも小さい軽自動車を、たかだか年間3万円ほど税金が安くなるという理由だけで購入するというのは理解しがたいことです。

値段が安くて、エンジンが大きく室内も広いコンパクトカーの方が、常識的に考えればお得だと思えるからです。

しかし、日本国内において軽自動車が乗用車の3台に1台をしめるほど売れているというのは事実ですから、軽自動車に乗ったことのない人には分からない、何か特別な魅力があるのかも知れません。

kuruma-moderuchenji-11-11

車を売る時にはモデルチェンジのタイミングに注意

車の査定額といのは、売却をするタイミングによって大きく変わってきます。

特に注意をしなければならないのが、モデルチェンジのタイミングです。

日本の車は、2年~3年程度の期間でマイナーチェンジが行われ、5年~7年ほどの期間でフルモデルチェンジが行われます。

車を売るときに気をつけなければならないのは、フルモデルチェンジの方です。

車がフルモデルチェンジをすると、そのタイミングで新しいモデルに買い替えをしようとする人が一気に増えることになります。

その結果、旧モデルの中古車が、市場に大量に出回ることになるわけです。

同じモデルの車が市場に大量に出回るとどうなるかといいますと、当然のことながら供給過多により値崩れを起こすことになります。

車を買いたいという人よりも売りたいという人の方が多いわけですから、在庫が増えてしまって相場がどんどん下がってしまいます

中古車市場での相場が下がるということは、下取りや買取店に持ち込んだときの査定額も下がるということになります。

同じ車種で、同じ年式、同じ走行距離の中古車であっても、新しいモデルがでたタイミングというだけで、一気に買取価格が下がってしまうわけですから、売るタイミングというのは本当に重要です。

いま自分が乗っている車のモデルチェンジの情報は、ネットやカー雑誌などで拾うことができますので、近い将来に車を売る予定の人はつねにそういった情報をチェックしておくようにするといいでしょう。

ただ、まれにフルモデルチェンジがあったにもかかわらず、旧モデルがそれほど値崩れしない場合もあります。

それは、モデルチェンジをした新型車が不人気で、あまり売れない場合です。

新型車よりも旧型にこのまま乗っていたほうがいいと思う人が多ければ、旧車が一気に中古車市場にあふれるということもありませんし、新型車の人気が低い分、むしろ旧型車のほうが人気になって、中古車相場が上がったりすることもあります

さすがに、新型車が人気モデルとなるか不人気モデルとなるかまでは予想できませんが、いずれにしてもモデルチェンジのタイミングで、中古車市場の相場が大きく変わる可能性があるということだけは頭に入れておいたほうがいいでしょう。

kuruma-tokai-11-10

走行距離は1年で1万kmペースが基準となります

車を売却するときに、査定に大きく影響するのが年式や走行距離です。

どんなに年式が新しくても、走行距離が伸びていると「過走行車」と判断されてマイナス査定となりますし、どんなに距離を走っていないクルマであっても、年式が古くなればなるほど査定額は下がっていきます。

それでは、どの程度の走行距離が車の査定に影響してくるのでしょうか?

一般的には、1年あたり1万km程度が標準的な走行距離といわれています。

つまり、5年乗った車であれば5万km、10年乗った車であれば10万kmがほぼ標準的な走行距離といえるわけです。

これよりも少ない走行距離のクルマは、優良車として高く評価されますし、逆にそれよりも走行距離が延びていれば過走行車として評価が下がるわけです。

特に、10万kmを超えてくると、査定にはかなり影響してくるといわれています。

地方の中古車が高く売れにくいといわれる背景には、地域的に過走行になりがちだという点があります。

地方の場合、交通機関があまり発達していませんので、通勤から買い物、そしてレジャーまで、車というものがまさに生活に密着しています。

そのため、必然的に走行距離も延びてしまう結果となります。

その一方で、都内に住む人などが所有する車は、走行距離が非常に少ないケースが多いです。

東京都内では、通勤は基本的に電車ですし、買い物などもわざわざ駐車場まで車を取りにいくのが面倒なので自転車で行ってしまったりします。

そうなると、車を使うシーンというのは土日祝日などのレジャーのみということになります。

5年落ちなのに、走行距離が1万kmほどしか走っていないクルマも都内では珍しくありません。

ただし、都内で車を所有している人は、屋根のない月極駐車場で車を保管していることが多いため、屋根付き車庫で保管することの多い地方の人の車にくらべて、ボディは傷みやすい傾向にあるといえるでしょう。

走行距離では不利な地方の中古車ですが、ボディに関しては都会で売られている中古車よりも痛みが少ないかも知れませんね。

kuruma-takushi-11-09

タクシー専門の買取り業者も存在します

一般の中古車を売るには、新車を購入するときに下取りに出したり、中古車の買取り専門店に売却するという選択肢があります。

よほどひどい状態のクルマでなければ、売却先に困るということはないでしょう。

しかし、タクシーの場合はどうでしょうか?

一般の中古車買取り店に持ち込んでも、まず買取りをしてくれることはないと思います。

理由としては、一般の人がタクシーの中古を買うことはまずないからです。

そもそもタクシーはガソリンで走る車ではありません

プロパンガスを燃料として走るために、一般の人がタクシーを買ったとしても、燃料の補給で不便を感じることになります。

また、タクシーは1年で10万kmほどの距離を走行しますから、中古として市場に出回るときにはすでに30万kmや40万km程度の走行距離になっていることが多いものです。

タクシー会社のように、会社としてしっかりとメンテナンスをする自信がなければ、30万kmや40万kmを走行した車を、一般の人が買うというのはかなりの勇気がいるはずです。

そういった理由から、タクシーの中古車は一般の人にはまず売れませんので、基本的に買取り店への売却も困難ということになります。

それでは、タクシーの中古はどこに売却すればいいのでしょうか?

実は、「タクシー専門」の買取り専門店というものが存在するのです。

中古タクシーを専門に扱っている会社であれば、タクシーの中古を探しているお客様との接点が作れることになりますから、買取りをしたタクシーが売れずに在庫になってしまうなどということもありません。

また、実際に中古のタクシーを買いにくるお客様も、いま現在タクシー会社を経営している人がほとんどなため、走行距離が30万kmや40万kmであってもまったく驚きません。

実際に、タクシーの買取り専門店の場合には、走行距離が40万km未満であれば高額査定が可能なようです。

もし、走行距離が20万kmということになれば、超優良車として買取りをしてくれるようです。

10万kmを超えると一気に査定額が下がってしまう一般の車とくらべると、その価値観の違いに本当にびっくりですね。

kuruma-satei11-08

ディーラーだけに発生する査定料と下取り諸費用とは?

ディーラーに下取りにだすときには、新車の見積りの中に下取り金額が書かれてしまうために、本当の査定額が分かりにくくなってしまいます。

買取専門店の場合には、基本的に査定額がそのまま買取り価格となることが多く、余計な費用は請求されることはありません。

それに対して、ディーラーでは査定料とか下取り諸費用などというものが、見積りの中の項目としてさりげなく登場します。

査定料というのは、文字通り下取り車を査定してもらうための手間賃ということになります。

査定料はディーラーによって異なりますが、5000円~10000円といったところが相場です。

しかし、買取専門店の場合には、査定は無料であるのが当たり前ですから、人によってはこの「査定料」というものに違和感を覚えるかもしれません。

厳密にいえば、査定をする人の人件費が発生しているわけですから、無料というのはおかしな話なのですが、あくまでも査定そのものはサービスで行って、クルマを売ってもらったときに発生する利益の中から査定のための人件費を捻出するというスタンスなのでしょう。

もうひとつの下取り車諸費用というのは、下取りした車の名義を変更するための経費ということになります。

本来であれば、名義変更の手続きは車を買い取ったほうがやるべきことなので、その費用を売る側に負担させるということはおかしな話なのですが、古くからの業界の習わしでそのようになっているようです。

この下取り車諸費用の相場もディーラーによって異なりますが、5000円~15000円程度が一般的です。

査定料と下取り車諸経費を合わせると、最大で25000円程度の費用をディーラーに支払う必要が出てくるわけです。

そのことをしっかりと頭に入れておかないと、車を高く売ったつもりが実は安かったということになりかねません。

たとえば、ある買取店で10万円の買取価格を提示された車があるとします。

もしこの店で売却をすれば、ディーラーのように余分な費用がかかりませんので、10万円がそのまま売った人に支払われることになります。

ところが、同じ車をディーラーに持ち込んだところ11万円の下取り価格を提示されたとしたら、てっきりディーラーに下取りに出したほうがお得だと判断してしまう人もいることでしょう。

しかし、この11万円から査定料と下取り車諸経費の2万5000円を差し引いた結果、手取りは8万5000円になってしまうわけです。

しかも、査定料と下取り車諸経費は新車の見積書の中にさりげなく入れられているので、自分の車の下取り額が実質8万5000円になってしまったことに気がつかない人も多いと思います。

ディーラーに下取りに出すときは、これらの諸経費を考慮した上で買取店と比較するようにしましょう。

 

kuruma-uchiawase-11-07

中古車の買取専門店から高額査定を引き出すための交渉術

中古車買取専門店に売却をすると、ディーラーでの下取りとくらべて思わぬ高額査定がでることがあります。

そもそもディーラーでの下取りの際には、同メーカーの他のディーラーとの比較をすることもありませんから、 どうしても相手の言い値となります。

先方が提示した金額をベースにして、そこにどの程度のプラスアルファができるかを交渉することになります。

最初から相手の土俵で交渉を進めていることになりますので、買取価格もある程度でリミットとなってしまうでしょう。

一方で中古車買取専門店の場合は完全にこちらが主導権を握ることができます。

中古車の買取専門店はたくさんありますから、いくつもの店舗で査定をしてもらうことで、思わぬ高額査定が出ることを期待することができるわけです。

最初に行った店舗の担当者の対応が良かったからといって、間違ってもその1店舗だけで売却を決めてはいけません。

いくつかの中古車買取専門店を回る中で、自分の車の買取価格がどの程度であるかを理解することができますし、 相場を把握したうえで無理のない価格交渉をすることで、高額な買取価格が出やすくなります。

ただし、買取店もなんとか自分の店に売約をしてほしいと思って真剣に交渉をしてきますので、冷やかし半分で安易な気持ちでいくつもの店を回るのは感心しません。

一番いいのは、ネットの一括査定などでいくつかの買取り店に概算の査定額をだしてもらい、そのなかの条件のいい何社かに絞って実際に車を見てもらうことです。

そうすることで、自分の車の相場を把握しつつ、条件のよい業者だけとじっくりと交渉をすることができるわけです。

一括査定サイトで査定をしてもらった業者の中から業者を絞るときには、単純に査定額だけで比較をするのではなく、電話の対応なども考慮して信頼のおける業者を選ぶといいでしょう。

価格の交渉というのは、あくまでも人と人が話し合いでするものですから、たとえ査定額がよかったとしても、対応の悪い業者はあとでトラブルに発展する可能性もありますので、避けたほうが無難でしょう。

kuruma-hekomi-11-06

車の査定を受ける前にボディの傷や凹みは修理すべきか?

車の査定額は、車種や年式、走行距離などである程度の評価が決まります。

しかし、中古車の状態というのは1台1台すべて異なります

そのため、同一車種で年式や走行距離がほぼ同じであっても、車の状態によって査定額がプラスになったりマイナスになったりするわけです。

たとえ年式の新しい車であったとしても、ボディに傷があったり凹んでいたりすれば、当然ながら査定額は下がってしまうことになります。

査定額が下がるということが分かっているのであれば、事前に傷や凹みを修理してから査定にだした方が良いのではないかと思ってしまう方も多いことでしょう。

しかし、それはやってもあまり意味のないことなのです。

つまり、ボディに多少の傷や凹みがあっても査定前に修理や補修はする必要がないということです。

場合によっては、修理をしたことによって逆に損をしてしまうこともあるのです。

確かに、目立つ傷や凹みを補修したあとに査定を受けた方が、評価がマイナスされるのを防ぐことはできます。

しかし、一般的には修理代にかけた費用以上に査定額が上がるということはないと考えていいでしょう。

つまり、10万円かけて修理をしたとしても、査定額が10万円以上アップすることはないのです。

なぜなら、中古車の買取り業者は自社で修理工場を持っていたり、安く修理をしてくれる提携先の工場などがあるからです。

そういったところで修理をすれば、私たちが個人的に修理を依頼する場合にくらべてはるかに安い費用で済んでしまうわけです。

もし、自分でやるとすれば、プロに依頼しなければなおせないような大きなキズや凹みではなく、ごく小さなスリキズに限定されます。

細かいスリキズ程度ならば、コンパウンドで磨けばある程度は消えます

こういった場合であれば、あくまでも自分の手間だけでなんとかなりますから、外部に費用が発生するわけではありません。

細かいスリキズが消えた分、多少は査定でプラスになることは可能でしょう。

いずれにしましても、査定を受けるにあたってボディについた傷に関しては、あまり神経質になる必要はないといえます。

そういった細かい部分を気にするよりも、一括査定サイトなどを利用して、少しでも高く買取りをしてくれる業者を見つける方がお得になることが多いようです。

happy family enjoying road trip and summer vacation

車の買取り価格を決める最大要因の1つは人気車種かどうか

中古車の買取り価格の決定要因は、年式や走行距離などの車の状態がどうであるかという点も大切ですが、それ以上に人気車種であるかどうかという点が非常に重要となります。

人気が高く、つねにニーズのある車であれば、買取り店としても確実に売りさばくことができますので、高い金額で買取りをしてもそれほどリスクがないことになります。

逆に、不人気車種をうっかり高い値段で買い取ってしまうと、そのままずっと買い手があらわれないまま車の価値がどんどん下がっていってしまう可能性があるわけです。

買取り業者もビジネスとしてやっていますから、不良在庫になる可能性のある車種を高い値段で買い取るわけにはいかないわけです。

それでは、中古車市場でどういった車が人気車種となっているのでしょうか?

まず安定したニーズの高さを見せているのはハイブリッド車です。

とりわけトヨタのプリウスは新車市場だけでなく中古車市場においても高いニーズがある人気車種となっています。

トヨタという世界有数のブランドと、燃費の良さがプリウスの人気の要因になっていると思われます。

また、意外なところでは軽自動車が人気の車種の上位につねにランキングされています。

 ワゴンR(スズキ)、ムーヴ(ダイハツ)などがその代表格といえるのですが、 燃費の良さや普通車にくらべて維持費がかからないという点が軽自動車人気につながっているのだと思います。

また、最近ではセカンドカーとしての利用だけでなく、1台目であってもあえて軽自動車を選ぶというケースも増えているようです。

ファミリー向けのミニバンも中古車市場ではやはり根強い人気があります。

 ヴォクシー(トヨタ)、ステップワゴン(ホンダ)、セレナ(日産) といった車種であれば、よほど状態の悪い車でなければ、かなりの査定額が期待できるといっていいでしょう。

このように、中古車というのは同じ年式や走行距離であっても、その車種が人気車種かそうでないかで、買取り金額が大きく変わってきます。

もし将来的にリセールバリューを考えるのであれば、新車を買う時点で人気車種を選択しておいた方が賢いといえるでしょう。

kuruma-sanrufu-11-4

人気のオプションで車の査定額はあがるのか?

車を売るときには、査定アップにつながるオプションのことを把握していなければなりません。

いま自分の車についているパーツが査定にプラスになるのかどうかによって、トータルの買取り価格が変わってくるからです。

買取業者によっては、高価なオプションであっても無視して査定したりする場合があります。

そのようなときでも、それを自分できちんと把握できるようにしておかないと、業者にごまかされてしまうことになりかねません。

査定価格アップにつながる人気のオプションはいろいろありますが、なかでも人気が高いのが、サンルーフと電動スライドドアです。

特にサンルーフは、新車を購入する時にしか取り付け出来ないので、かなりのプラスが期待出来るオプションパーツといえるでしょう。

電動スライドドアは、高級車などですべてのグレードに装備されているとプラスになりません。

高級車以外の車種ですと、運転席側はオプションになっていることが多いので、両側がスライドドアになっていたりするとプラスの評価になります。

エアバックやカーナビは、いまやついているのが当たり前の装備になっています。

そのため、通常のものにプラスアルファの機能が付いているときに限り査定価格アップにつながります。

エアバックの場合ですと、サイドやカーテン、足元のニーエアバックなどが付いていると査定アップになります。

カーナビは、バックモニターが付いていたり、最新型の一流メーカー品だと査定アップが期待出来ます。

その他に最近人気が高いオプションとしては、障害物が近づくとブザーが鳴るクリアランスソナーや、サイドモニター、バックモニターなどです。

また、クルーズコントロールやレーンキーピングアシスト、安全制御システムのような最先端の安全装備がついている車はかなりのプラスになるでしょう。

最近はより安全性を求めるユーザーが多いので、こういったオプションは査定価格の大幅アップになります。

逆に、査定アップにつながらない可能性があるオプションパーツが、アルミホイールやエアロパーツなどです。

これらのパーツはセンスの問題があり、好き嫌いが分かれるパーツとなりますので、なかなか査定アップにはつながらないようです。

そのため、出来れば純正のパーツも残しておくようにするといいでしょう。

関連ブログ:http://biomethod.jp/?p=95

kuruma-haisha-11-03

事故車や水没車、不動車でも買い取ってもらえるのか?

事故を起こした車というのは、たとえきれいに修理をしていたとしても、フレームに影響がでたりして走行性能に問題が生じることが少なくありません。

また、そのまま乗り続けるうちに、どのような故障が起きるか分かりません。

水没車の場合も、電気系統はもちろん、心臓となるエンジンが水による影響で壊れやすくなっている可能性があります。

また、不動車はそもそも動かないので車の役割を果たしません。

こういった、いわゆるワケアリの車は、買取り店に持って行っても査定をしてもらうことが出来ないと考えている人もいるかも知れません。

しかし、こういった車を廃車にするとなると、解体処理費用やリサイクル預託金、場合によってはレッカー移動費用などが発生することになります。

これだけで数万円の出費になってしまうのですから、なんとももったいない話です。

こういった車を中古車販売店などに相談すると、「廃車費用は持ちますから、無料で引き取りましょう」などと言われることがあります。

自分は面倒な手続きやお金をかけずに不要な車を処理出来るわけですから、一見お得に感じます。

しかし、普通に考えてみれば分かることですが、業者がわざわざ損をしてまで車を引き取ることはありません。

実は、事故車や水没車、不動車でもお金になるから、彼らは引き取ってくれるのです。

ですから、そういった車を処分するときには、一つの買取業者に相談するのではなく、複数の買取業者に相談をしてみることをおすすめします。

車の買取り専門店のなかには、事故車を専門に取り扱っているところもあります。

そういったところに持ち込むと、車種によっては、まったく動かない車であっても思わぬ高額査定となることがあります。

たとえどんな状態のクルマであったとしても、あきらめずにいろいろな業者にあたってみることが大切であるといえるでしょう。

kuruma-narabu-11-1

車の買取り相場が大きくアップするタイミングとは?

中古車の買取相場は、たとえ同じ車種でも時期により大きく変動することがあります。

それはいったい、具体的にはどんな時なのでしょうか。

そもそも車の買い取り相場が頻繁に変わるということに対して、いまひとつピンと来ないという人もいると思います。

しかし、中古車には定価というものがありませんから、需要が多い時には相場があがり、需要の少ないときには相場が下がるのは当然のことなのです。

市場ニーズが高まってくると、中古車の販売業者はある程度の車の数を揃えなければなりませんので、1台でも多く車を仕入れようとします。

車を買いたいという人がたくさんいても、車を売りたいという人が一定であれば、限られた台数の車をたくさんの人が求めるわけですから、買取価格はアップすることになるのです。

それでは、多くの人が車を欲しがり買取相場が大きくアップするのはどんな時期になるのでしょうか。

中古車が一番売れるのは、実は3月や4月の春先になります。

新社会人が免許をとって、新たに車を買うのがこの時期になります。

また、都会に住んでいたサラリーマンが春先に地方に転勤になり、それまで必要のなかった車を買う必要性に迫られるということもあるでしょう。

そういう意味で、新年度に切り替わるタイミングというは、中古車が一番売れる時期ということがいえます。

また、長期の休暇前にも車の需要が高くなります。

休みを利用してどこかに遠出をしようと、レジャー目的で車を求める人が多くなります。

たとえば4月から5月に掛けてのゴールデンウィークより前の時期、 8月の夏休み前の時期などは、比較的中古車の需要が高まる時期といっていいでしょう。

当然ながら、これらの時期には買取り相場も大きくアップする傾向にあります。

特にこういったレジャーシーズンに買取価格が高くなるのが、クロカンやSUVなどのアウトドアー向けの車種です。

同じ理屈から、冬休み前も車の買い取り価格が上がるのではないかと考えがちですが、 実は思ったほどこの時期には車は売れません。

冬休みは、夏休みやゴールデンウィークにくらべて、車でレジャーに出かけるというイメージが湧きにくいのかも知れません。

車のキーを渡す女性

売却するタイミングによって車の査定金額は大きく変動します

車の査定金額は売る時期によって変動するといわれています。

車の買取り価格はニーズによって大きく変わりますから、需要と供給のバランスによって高く売れるときとそうでないときがあるわけです。

ですから、どうしてもいますぐ売却したいという人以外は、時期的なタイミングも考慮して高く売れる時期に査定をしてもらうのが得策といえます。

まったく同じ状態のクルマなのに、売る時期が違うだけで10万円以上も査定額に差が出ることもありますから、決して無視できる金額ではありません。

中古車は、ただでさえ価格がとても変動しやすく、わずか数日でも査定額が大きく違ってしまうことがあります。

中古車市場はニーズが査定に影響するので、たとえ程度の良い車でもあっても、需要が少ないと査定額が低くなってしまうわけです。

ですから、出来るだけ高く売るには、需要が増える時期に合わせるのがポイントということになるのです。

一般に、車の査定金額が高くなる時期というのは、行楽シーズンと言われる時期の少し前、ボーナス時期の前、大型連休の前などです。

こういった時期には車の需要がぐんと増えるので、中古自動車の販売店はかきいれ時ということになります。

ここで重要なポイントとなるのは、シーズン真っただ中ではなく、少し前のタイミングだということです。

例えば、GWに中古車の需要が増えるからと言っても、GWに査定に持ち込んでも意味がありません。

GWに車を使う人は、4月の初旬ぐらいから本格的に車を探し始めます。

そういった多くの人が中古車を探し始めるタイミングで、査定を受けるようにすることが大切です。

中古車販売店は、車の売れるこの時期に合わせて在庫を増やそうとするので、査定金額もアップするということになります。

ただし、あまりにも売る時期を意識しすぎてしまって、売却時期を遅らせすぎるのは逆効果です。

中古車は古くなればなるほど価値が下がっていってしまうので、市場価格をよく調査して、いますぐ売った方がいいのか、それともニーズの高くなる時期まで待った方がいいのかを冷静に判断するようにしましょう。