車のキーを渡す女性

売却するタイミングによって車の査定金額は大きく変動します

車の査定金額は売る時期によって変動するといわれています。

車の買取り価格はニーズによって大きく変わりますから、需要と供給のバランスによって高く売れるときとそうでないときがあるわけです。

ですから、どうしてもいますぐ売却したいという人以外は、時期的なタイミングも考慮して高く売れる時期に査定をしてもらうのが得策とえいます。

まったく同じ状態のクルマなのに、売る時期が違うだけで10万円以上も査定額に差が出ることもありますから、決して無視できる金額ではありません。

中古車は、ただでさえ価格がとても変動しやすく、わずか数日でも査定額が大きく違ってしまうことがあります。

中古車市場はニーズが査定に影響するので、たとえ程度の良い車でもあっても、需要が少ないと査定額が低くなってしまうわけです。

ですから、出来るだけ高く売るには、需要が増える時期に合わせるのがポイントということになるのです。

一般に、車の査定金額が高くなる時期というのは、行楽シーズンと言われる時期の少し前、ボーナス時期の前、大型連休の前などです。

こういった時期には車の需要がぐんと増えるので、中古自動車の販売店はかきいれ時ということになります。

ここで重要なポイントとなるのは、シーズン真っただ中ではなく、少し前のタイミングだということです。

例えば、GWに中古車の需要が増えるからと言っても、GWに査定に持ち込んでも意味がありません。

GWに車を使う人は、4月の初旬ぐらいから本格的に車を探し始めます。

そういった多くの人が中古車を探し始めるタイミングで、査定を受けるようにすることが大切です。

中古車販売店は、車の売れるこの時期に合わせて在庫を増やそうとするので、査定金額もアップするということになります。

ただし、あまりにも売る時期を意識しすぎてしまって、売却時期を遅らせすぎるのは逆効果です。

中古車は古くなればなるほど価値が下がっていってしまうので、市場価格をよく調査して、いますぐ売った方がいいのか、それともニーズの高くなる時期まで待った方がいいのかを冷静に判断するようにしましょう。